2010年7月23日金曜日

2010年カンヌ29【番外編③】

本日は本年度のカンヌ受賞作事例の最終日です。
「フィルム部門」でシルバーを受賞した「OLD SPICE」の
CM事例。

「OLD SPICE」はグランプリを受賞していますが
個人的にはシルバーに入ったこちらのCMの方がイイと思いました。
「演出」もかなりイイ感じですし、
「サウンドロゴ」もそうとうイイと思いました。
制作エージェンシーはナイキのCMでおなじみの
「WIEDEN+KENNEDY」。



最後は「フィルムクラフト部門」でブロンズを受賞した
「BARCLAYS GLOBAL INVESTORS」の「FAKE」という事例。


最後にまったく関係無い話になりますが、
このブログは3年間続けてきたのですが、
ネタ的に「毎日更新」するのはキビシクなりつつありまして
ならばいっそ終了しようということにしました。
そのためまことに勝手ながら本日の事例が最後となります。

このブログは最終的には月間で1万人以上もの
ユニークユーザーの方々に見て頂いていた様ですが
みなさま今まで本当にどうもありがとうございました。

また別の形でネットで何かを始めることもあるかと思いますので
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

2010年7月22日木曜日

2010年カンヌ28【番外編②】

本日も本年度のカンヌを受賞したCMで「表現面」で
個人的に気になった事例を取り上げさせて頂きます。

まずは「フィルム部門」でシルバーを受賞した
マクドナルドの「Everybody」という事例。
今年のカンヌ受賞作の中で個人的には一番音楽がイイと思いました。
演出もかなり好きな感じです。



次に「フィルム部門」でゴールドを受賞した
PUMAの「HARDCHORUS」。制作エージェンシーは「DROGA5」。
イギリスとイタリアのフーリガンたちが
真剣にチームソングを歌うという内容。
シンプルかつ野太いインサイトに立脚している感じがしました。
一歩間違うとあやうい気がするCMですが絶妙なさじ加減で
成立している気がしました。

2010年7月21日水曜日

2010年カンヌ27【番外編①】

本日は本年度のカンヌを受賞したCMの中で
広告的にというより表現として個人的に気になった事例を
3日間取り上げさせて頂きます。

まずは「フィルム部門」でシルバーを受賞したユニリーバの
「DOVE MAN」。


そして同じくフィルム部門で「シルバー」を受賞した
「JOHN LEWIS」の「Always a woman」という事例。


いずれのCMも男性と女性の差こそありますが、
短い時間の中で「人生」を立て続けに見せていくという
表現手法はかなり心を打たれる感じがしました。

「DOVE MAN」は特に「ウイリアムテル序曲」に乗せて歌うという
一歩間違ったらかなりキビシイ感じのCMになりそうなのに
なんだかひきつけられる感じがしました。

2010年7月20日火曜日

2010年カンヌ26【Film Craft Lions②】

本日は本年度のカンヌ「Film Craft」部門でゴールドを受賞した
マイクロソフト「XBOX」の「HALO3 ODST」というゲームの
「THE LIFE」という事例。

こちらもカンヌで昨年のカンヌでグランプリを受賞してますが
かなりスゴイ映像ですのでご覧いただけますか。

2010年7月19日月曜日

2010年カンヌ25【Film Craft Lions①】

本日は本年度カンヌで今年初めて新設された
「Film Craft Lions」でグランプリを受賞した
フィリップスの「THE GIFT」という事例。
フィリップスは昨年もカンヌでグランプリを受賞してますが
今年もかなりスゴイ映像でした。

制作エージェンシーは前回はトライバルDDBでしたが、
今回は「DDB UK」。ちなみに同社は
元はアカウントプランニングを始めた会社とされる
「BMP(ボーズ・マッシーミ・ポリット)」を
DDBがM&Aした会社です。

制作プロダクションは「エイリアン」「ブレードランナー」
「グラディエーター」で有名な映画監督「リドリースコット」と
その弟で同じく映画監督で「トップガン」などの代表作がある
「トニースコット」兄弟が設立した「RSA FILMS」のロンドン支社。

2010年7月18日日曜日

2010年カンヌ25【Grand Prix for Good 】

本日は本年度のカンヌで今年初めて新設された
社会に最も良い影響を与えた広告が選ばれる
「Grand Prix for Good」の
「CHOOSE A DIFFERENT ENDING」の事例。
広告主は「THE METROPOLITAN POLICE」。

イギリスではナイフを所持していることがきっかけで
起きる犯罪が多いそうでして、このキャンペーンでは
部分部分で視聴者が展開を選ぶことができる
「ドラマ映像」によりナイフを持つことのリスクを
強烈に顕在化させています。

YouTubeに数本映像があったのでご覧いただけますか。

2010年7月17日土曜日

2010年カンヌ24【Titanium and Integrated Lions Lions】

本日は本年度のカンヌ「チタニウム&インテグレーティッド部門」で
「グランプリ」を受賞したアメリカの家電量販店「ベストバイ」の
「TWELPHORCE]の事例。

ベストバイは数百人の従業員がtwitterでお客さんからの質問に
徹底的に応えているという取り組み。
(ハッシュタグ【#twelpforce】)

制作エージェンシーはクリスピンポーターボガスキー。
CP+Bは今までのやり方にとらわれないで
イイ意味で社会の変化に合わせてやり口をコロコロ変えていく
かなり柔軟なエージェンシーだなとあらためて思いました。

CMがある様ですのでご覧いただけますか。

2010年7月16日金曜日

2010年カンヌ23【Film Lions⑤】

本日は本年度のカンヌ「フィルム部門」でシルバー受賞した
バドライトの「AMY」というCM事例。

「ちょっと足りない行動」と「行き過ぎの行動」という両極端な
映像を見せることで「ちょうどいい」方がイイということを訴求。
賛否両論あるかもしれませんが個人的にはイイと思いました。

2010年7月15日木曜日

2010年カンヌ22【Film Lions④】

本日は本年度のカンヌ「フィルム部門」でシルバーを受賞した
アムステルダムのドキュメンタリー映像フェスティバルのCM事例。

話の詳細はわかりませんが、おそらく美容室で
美容師とお客さんが「ウィッグ(かつら)」 に関する
「悠長な話」をしているけど実際には途上国の子供たちの
髪の毛から作っているという真実をドキュメント映像で訴求。

2010年7月14日水曜日

2010年カンヌ21【Film Lions③】

本日は本年度のカンヌ「フィルム部門」でゴールドを受賞した
アルゼンチンの映画祭の「CRYING」というCM事例。



役者が泣くための演技指導としてアルゼンチンの
サッカーのナショナルチームがここ数年低迷していることを
いろんな角度から思い出させて指導。

ラストに、アルゼンチンではサッカーが「イマイチの年」は、
「映画の当たり年」になると訴求。