2007年12月17日月曜日

買物カートOOH。

本日は、スーパーマーケットの買物カートに掲出された
「オートバイ」のOOH広告。

私自身もスーパーでカートを使うとき、
カーブを曲がる際に、ちょっとドリフトしてみたりして
何かを運転している気分がしてました。

このOOH広告はその微妙な
メディアインサイトをたくみについている
事例であると感じました。

4 件のコメント:

金井秀徳 さんのコメント...

これ、わかりますねぇ。

子どもの頃に、
遠心力というんでしょうか、
カーブにGがかかるのを体感するのって、
これじゃないでしょうか?

うまいですね。

望月和人 さんのコメント...

このOOHは到達人数こそ
大したことないと思いますが、
遭遇した人は永遠に忘れない広告の
一つになる気がします。

OOHは他のメディアに比べて
到達人数に限界があるので、
メディア戦略から除外されやすいですが、
一人当たりの到達「深度」が深いので
(数値化はかなり困難ですが)
TPOをしっかり選べば、
効果的だと思います。

こういう広告がもっと増えると
受け手も作り手も楽しい気がします。

tani さんのコメント...

この前の日曜日にお話を聞かせていただいた石井ともうします。真ん中のメガネです。
先日は貴重なお話をありがとうございました。
ブログの存在を教えていただき、読んでいたのですが、広告の中でも、特に交通広告やOOHにとても興味がわいてきました。

買い物カートのをみて、小さいころに棒やわっかでよくやっていたことを思い出しました。こういうのって、すごく印象深く残るとは思うのですが、YAMAHAのバイクのことが伝わるものなのでしょうか?

望月和人 さんのコメント...

その感想は正しいと思います。
このOOH事例の場合、
バイクの楽しさは伝わるかもしれませんが
「YAMAHA」という個別のブランドまで
どこまで記憶に残るかは未知数だと思います。

「ヴァンパイア効果」と言って
表現のオモシロさだけ印象に残って
実際の商品は「売れない」という現象が
往々にしてあります。
クライアントが面白い表現を
警戒する理由の一つであり、
広告会社が最も気をつけなければ
いけない要素の一つです。

ただしこのOOH事例の場合は、
接触時間が10分くらいあると思うので
ブランド名まで多少は印象づけることは
可能な気はします。